学科紹介
食物学専攻
「食と健康づくり」の専門家として社会に貢献できる人材を育成
 食と健康に関する科学的な専門知識や技術を学び、食に関わる企画、開発のための創造的思考を培うとともに、自ら率先して行動する力・探究する力を身につけ、栄養士の資格を有する食の専門家として真摯な姿勢を持って社会に貢献できる人材を育成します。

学びのポイント [食物学専攻]

栄養士に必要な専門知識を中心に幅広く「食」を学ぶ
 栄養学を基礎に、講義・実験・実習を通して食を幅広く学べます。実際に手を動かし体験する授業が多く、食品化学実験、食品加工貯蔵学実験、調理学実習、給食管理実習など特徴ある科目も揃っています。
栄養士免許、中・高の教員免許状が取得可能
 栄養士免許はもちろん、中学・高校の教職免許(栄養教諭二種を含む)が取得できます。教育実習を体験する中で、人に伝えることの難しさや実際の食育への取り組み方を知るなど、学びの幅を広げることも可能です。
 さらに卒業後1年以上の実務経験を積むと、「管理栄養士国家試験受験資格」も得られます。
食品・研究開発、外食産業などさまざまな食の世界へ
 外食産業、食物関連企業での食品・研究開発、食品系の販売業、病院、教師、大学院進学など、進路の幅が広いのが食物学専攻の特徴。学んだ知識を生かして、さまざまな食の世界で活躍できます。
管理栄養士専攻
臨床、福祉、公衆栄養などの分野で活躍できる
管理栄養士を育成
 「食」の大切さを十分に理解し、人の食生活や健康に携わるために必要な専門知識や技術を学びます。併せて医療職としての使命や責任を培うとともに、人々の健康状態を適切に評価、ならびに健康増進および疾病予防のための栄養教育を実践し、臨床、福祉、公衆栄養などの分野で責任を果たす管理栄養士を育てます。

学びのポイント [管理栄養士専攻]

管理栄養士の免許取得を目標に専門知識・技術を習得
 管理栄養士の免許取得に向け、臨床栄養学や人体の構造と機能、疾病の成り立ちなど、食はもちろん関連分野についても詳しく学びます。保健所や病院、高齢者施設などで臨地実習も行います。
管理栄養士国家試験受験資格と栄養士免許を取得
 卒業と同時に、栄養士免許と管理栄養士国家試験受験資格が取得できます。全員が国家試験に挑戦。4年次後期には受験対策講義が用意されており、毎年高い合格率を示しています。さらに栄養教諭一種の免許が取得できます。
食の専門家として医療・福祉関係や公務員の道に
 管理栄養士として医療や福祉系施設の給食管理・健康相談に関わったり、公務員として学校や保健所に勤務するなど、資格を生かした就職を実現。より専門性を高めたい人のために、大学院も用意されています。

学びのフィールド

学びのフィールド