カリキュラム
食を通して多くの人々の
健康を支えられる力を身につけよう!
 健康に関する志向や実践意識が高まっている今日、「食」の大切さを十分に理解し、適切な食の選択や科学的な判断に基づいた食行動を提案できる栄養士・管理栄養士を育てます。さらに食の専門家として高度な知識と技術を身につけて、社会に貢献できる人材を育成します。

食物学専攻

 「食」の専門家である栄養士の養成を目的とし、栄養士として必要な専門的知識及び技術を身につけ、卒業後、病院、給食提供企業、学校、食品関連企業及び外食産業で活躍できる人材を育てます。また、中学校、高等学校の教職をいかし、教育の場で活躍できる人材を育成します。

 1年次では基礎力を養い、食への関心を高めることを目指します。2年次では、栄養士免許取得に必要な基礎専門科目の講義のほか、多くの実習、実験で学びます。3年次では専門科目を充実させ、将来像を視野に入れながらより深く学びます。4年次には集大成として興味ある分野で卒業研究に取り組みます。

公衆衛生学
生活環境学実験
生理学
人体構造機能論実験
人体構造機能論
食品化学
食品学
基礎栄養学Ⅰ・Ⅱ
食事設計論
基礎調理学実習
調理学実習
栄養士概論
疾病の成り立ちⅠ
生理学
食品化学実験
食品学実験
食安全学Ⅰ
食安全学実験
栄養化学Ⅰ
栄養化学実験
応用栄養学
病態栄養学
栄養教育論Ⅰ
食事設計論実習
栄養教育論実習Ⅰ
調理科学Ⅰ
給食管理論Ⅰ
社会福祉論
生化学
応用栄養学実習
公衆栄養学
栄養教育論Ⅱ
給食管理論Ⅱ
給食管理実習Ⅰ
食物学演習
臨床栄養学*
給食管理実習Ⅱ*
臨床栄養学実習*
栄養教育論実習Ⅱ*
校外実習指導*
校外実習*
卒業論文Ⅰ・Ⅱ
校外実習指導*
校外実習*
*:栄養士免許を取得する者は必修科目
閉じる

管理栄養士専攻

 管理栄養士として必要な専門的知識及び技術を身につけるとともに、特に傷病者に対する栄養指導を行うための高度で専門的な知識及び技術を学びます。卒業後、病院、給食提供企業、学校、食品関連企業、外食産業及び行政機関などで栄養士、管理栄養士、食品衛生監視員、食品衛生管理者などとして活躍できる人材を育てます。

 1年次では管理栄養士の職域を理解し、専門職としての目標を考えます。2年次では基礎領域を中心に専門科目の履修も始まります。3年次では専門科目の知識を学外で実践する臨地実習などがあり、管理栄養士としての将来を見出します。4年次では、総まとめの総合演習や、国家試験に向けた学習を全力で行います。

公衆衛生学Ⅰ
生活環境学実験
生理学
人体構造機能論実験
人体構造機能論
疾病の成り立ちⅠ
基礎調理学実習Ⅰ・Ⅱ
食品学
食品化学
食品学実験
基礎栄養学Ⅰ
管理栄養士概論Ⅰ・Ⅱ
実践統計学
生化学Ⅰ
生化学実験
疫病の成り立ちⅡ
栄養代謝実習
食事設計論実習
食安全学
食品化学実験
食安全学実験
調理科学
基礎栄養学Ⅱ
栄養学実験
食事摂取基準論
応用栄養科学
カウンセリング論
栄養教育論実習Ⅰ
栄養教育論Ⅰ
病態栄養学Ⅰ・Ⅱ
臨床栄養学Ⅰ
臨床栄養学実習Ⅰ
給食経営管理論Ⅰ
公衆衛生学Ⅱ
社会福祉論
生化学Ⅱ
栄養生化学
ライフステージ
栄養学
ライフステージ
栄養学実習
栄養教育論Ⅱ
栄養教育論実習Ⅱ
臨床栄養学Ⅱ
臨床栄養指導論
臨床栄養学実習Ⅱ
公衆栄養学Ⅰ・Ⅱ
公衆栄養学実習
給食経営管理論Ⅱ
給食経営管理実習Ⅰ・Ⅱ
食物学演習
卒業研究
卒業論文Ⅰ・Ⅱ
管理栄養士演習
卒業研究
卒業論文Ⅰ・Ⅱ
閉じる

授業紹介

給食経営管理実習
給食の計画・実施・販売・提供を学ぶ

 給食経営管理論の実習では、本学に在籍する女子大生を対象として、給食の販売・提供を行っています。安価で安全、かつ栄養管理されたおいしい食事のサービスを実践することにより、健康管理のために適切な食事がいかに大切であるか体得できます。

食安全学実験
食品の安全性を確かめる手法を実験を通して学ぶ

 食品の安全性を確保する上で、有害な化学物質や病原性のある細菌が食品に含まれていないことを確かめることが必要です。食安全学実験では、食品がどの程度細菌に汚染されているか、食品添加物の使用量は問題ないか、調理に用いる油は劣化していないか、ジャガイモに含まれるソラニンはどの程度なのか等の検査を実施し、その手法を習得します。